Illustration:

mojimo-select for iPad β版 とは?

iPadの文字だって、
もっとじゆうに  もっと選べる!

iPadで写真の加工をしたり、ドキュメントを作ったり、マンガやイラストレーション、映像作品を作ったり。
そんなとき「もっといろんな文字が使えたらな」と思いませんか?
これまでは、すでにあるフォントから選ぶしかありませんでした。そんなあたりまえは、もう昔。

「mojimo」から登場するiPad専用プランでは、バリエーション豊富な中から好きなフォントを2つ選んで、作品や資料づくりに使えます!
たくさんの人に触って・試していただきたいので、今回β版を無料でお届けします。
あなたのためのフォントサービスを、これからも一緒に育てていきましょう。

あなたのiPad/iPhone上で、
選んだ2フォントが無料で自由に使えます

現在mojimo-selectは「iPad β版」として無料公開中。いまもスタッフは猛スピードで正式版iPad/iPhoneアプリを開発しています。
このβ版を通して、みなさんと一緒により良いものにしていきたい「これからのフォントサービス」がmojimo-selectです。
お申し込みの方には簡単なアンケートやユーザーヒアリングなどを行っていますので、ぜひご参加ください!

さわって、変わる。イメージが、伝わる。

わたしたちの日常は、いつだって何気なく変わっていきます。
パソコンを開かずに、サッとタブレットやスマホを取り出して何かを作ったり編集したりすることも増えました。
けれど、タッチデバイスで自分が好きな文字を探すのは、ちょっとむずかしいのが現状です。
頭の中のイメージをもっと自由に伝えたいとき、フォントはとてもいい仕事をしてくれるのに。
だからわたしたちは、メーカー厳選のフォントをiPadで使えるようにしました!
82種類のフォントの中から2つ、あなたが選んだものをインストールして、さまざまなアプリ上で楽しめます。
さあ、指先で、Pencilで、軽やかに「文字」に触れてみましょう。

エディット編

エディット編

表現力豊かなフォントがデバイスに3つ加わるだけで、資料作成や企画、またクリエイティブな作業に大きな広がりと柔軟性が出てきます。そんな様子をご覧ください。(YouTube・278秒)
クラフト編

クラフト編

作品づくりをメインに楽しむ方も、文字を添える機会はたくさん。作品がぐっと冴えるだけでなく時には文字をヒントにした制作も。シームレスな体験を見てください。(YouTube・280秒)

フォントをさわると何が変わる?

実際に手元でフォントを選んで、試してみてください。
いろんなことが変わります

書体が変わる

書体が変わる

OS自体が認識してくれるから、お気に入りの既存アプリからフォント選択。マルチタスクで横断しながら、自分がセレクトしたフォントが使えます。
表現が広がる

表現が広がる

実績ある高品質なプロ用フォントが、指先で思いのままに。王道から個性派まで、多彩な表現・効果をお手元へ。
伝えたいことが活きる

伝えたいことが活きる

文章を考えながらフォントも一緒に選んでみると、まるで声色がついたように伝えたかったニュアンスが表現できます。
印象が変わる 印象が変わる

印象が変わる

イメージを作るのは写真やイラストだけじゃない。フォントを変えると全体のムードまで変わってきます。

発見がある!

発見がある!

これまで見えなかったもの、言えなかったこと、感じなかった情報が「さわれる」ように。
ただフォントをインストールするだけではなく、あなたのアウトプットを応援するためのサービスです。

mojimoだけの特徴

このサービスが特別な理由、少しだけ紹介させてください

ずっと「フォント」に向き合ってきたFontworksとmojimo。

ずっと「フォント」に向き合ってきた
Fontworksとmojimo。

mojimoを提供するFontworksは、特徴的なプロ向けフォントを作ってきた高品質書体メーカー。そして業界の慣習をいちはやく打ち破り、放送向け・サブスクリプションなど新しいサービス形態をたくさん提供してきました。そんなわたしたちだからこそできる、特別なユーザーさんだけのものではない普段着のフォントサービス、それがmojimoとmojimo-selectです。
必要なものだけ、必要なぶんだけ。多すぎるよりつかいこなす。

必要なものだけ、必要なぶんだけ。
多すぎるよりつかいこなす。

サブスクリプションは膨大な量を使い放題でとってもお得ですが、デザイナーさんのような特別な用途以外ではもしかしたら「多すぎる」のかもしれない…。そんな疑問からmojimoシリーズは生まれました。もう大量のリストから絞り込む必要はありません。必要なぶんだけを「ちょうどいい文字を、ちょうどいい価格で」大事に使っていただけます。※プロ向けの「LETS」

日常にもっと文字を。
一緒に考えてみませんか。

みなさんへ少しでも早くお届けしたかったから、mojimo-selectはβ版を無料公開することにしました。
ユーザーのみなさんと一緒に、知らないことを教えあいながら育てていきたいサービスです。

#mojimoiPad

ぜひハッシュタグ「#mojimoiPad」をつけて、良かったことやご要望を気軽にツイートしてみてください。
メーカーと一緒に育てていく普段着のフォントサービスとして、みなさんのフィードバックをいただきながら、
製品をよりよくブラッシュアップしていきたいと考えています。

代表的な利用事例

プロ向けから使いやすいものを厳選。
身近なあちこちで利用されている信頼性の高いフォントです

ゲーム

Fate/Grand Order

使用フォント:スキップ、マティスなど©TYPE-MOON / FGO PROJECT
Web・アプリ

LINEマンガ

使用フォント:スーラ©LINE Corporation
パッケージ

FamilyMart collection

使用フォント:筑紫明朝発売元:ファミリーマート

気持ちよくご利用いただくために

mojimo-select for iPad β版は、Apple社のiOS13からの仕組み「カスタムフォント」に則ったサービスです。
現在わかっている情報のうちいくつかをまとめました。ご理解いただいた上でお楽しみください。

iPadOS/iOSのUIに使われる基本フォントは固定です

上図は「設定.app」からインストールされたフォントを確認しているところです。「カスタムフォント」の仕組みでは、iPadやiPhone全体のUIに使われているフォントは変わりません。これはApple社による決まりのため、mojimo-select(β)も同様に、デバイスのUI自体を着せ替えるものではありません。

「カスタムフォント」に対応しているアプリから自由に呼び出して使えます

OS自体がフォントを認識してくれるから、アプリ側が「カスタムフォント」の仕組みに正式対応してさえいれば、どんなアプリからでも利用可能。公式の機能を利用していますから、どんなアプリからでもスムーズな連携ができます。ぜひ、お試しください。※アプリの対応状況は開発元にご確認ください。

※Apple、iPad、iPadOSは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。 ※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 ※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。

価格・製品仕様

バリエーション豊かな書体82種類を無料でご提供

0円(税別) / 2020年9月1日まで

  • 1デバイス
  • 入会金無し

提供書体一覧

キャッチ系やデザイン系の書体を中心にセレクトされた
魅力あふれるラインナップ

iPadの文字だって、もっとじゆうにもっと選べる!
17/200
iPadの文字だって、もっとじゆうにもっと選べる!
17/200
iPadの文字だって、もっとじゆうにもっと選べる!
17/200
iPadの文字だって、もっとじゆうにもっと選べる!
17/200
iPadの文字だって、もっとじゆうにもっと選べる!
17/200

よくあるご質問

  • mojimo-select for iPad β版でセレクトが完了したフォントを変更することはできますか。

    セレクトしたフォントは契約終了まで変更することはできません。

ページの先頭へ